展示会

研修会による 墨画と書道

日時:2019年11月9日(土)ー10日(日)午前10:00ー午後4:00
場所:オタワ日本文化センター、Unit B16、2285 St. Laurent Blvd、オタワ

初心者から6年以上の経験を持つグループメンバーによる芸術作品です。

みんなで応援して、アートワークを楽しんでください!

共に / Go Together

オタワ日系コミュニティによるパフォーマンスの夕べ

日時:2019年11月12日(火)7:00 p.m.
場所:Woodside Hall, Carleton Dominion-Chalmers Centre (355 Cooper St.)

「共に/Go Together」は、日系カナダ人舞台芸術グループが、オタワのミュージシャン、映像作家、ダンサーとコラボレーションするというオタワ日系アートコミュニティの新しい試みです。入場料無料でどなたにもご参加頂けます。

「共に/Go Together」は舞台演出家マット・ミワの監修の下、カールトン大学アートギャラリーが在カナダ日本国大使館とオタワ日系協会(OJCA)との共催で行います。

日本の伝統的な踊りを伝えるグループ「民謡会」は、ポスト・ロック・バンドのメルガンザー(ミカ・ポーゼン)とのコラボレーションで、その優雅な動きとメルガンザーの脳裏に焼きつくメロディを融合させます。

オタワの日系女声コーラスグループ「メロディーオブジャパン」は、VJレスリー・マーシャルのライブビデオを背景に歌声を披露します。

コンテンポラリーダンサー瀬川貴子(Corpus Dance Company)は、オタワ・カラオケ・クラブのデービッド・オクラとサヤコ・コンノの歌に合わせた創作ダンスで魅せます。

更に、日本の食文化として漬物を紹介します。オタワで活躍する日本料理講師バザ恵美による漬物の歴史とオタワで手に入る食材での作り方に関する無料セミナーの他、日本大使館による日本産日本米の炊き立てご飯の提供で,日本らしいご飯と漬物の組み合わせを楽しんで頂けます。

“共に / Go Together” の続きを読む

花のアレンジメントのワークショップ

クリスマスとお正月の花。 長澤恵子先生。

日時:2019年12月8日日曜日、午後1時30分
場所:オタワ日本文化センター、ユニットB16 2285 St. Laurent Blvd.、オタワ
費用:35ドル、当日にお支払い
授業料の一部はOJCCに寄付されます。

クラスの規模に限りがあるため、早めに登録してください。

11月5日までに恵子さん(salonkottawa@gmail.com)に連絡して予約してください。

小さなハサミの持参をお願いします。

日系カナダ人がカナダ憲法に与えた影響

次のイベントはトロントで開催されています。

NAJCのトロント支部のプレゼンテーション

この9月22日は、救済の31周年でした。したがって、2019年11月7日木曜日午後6時30分から8時30分まで、アルバータ大学法学部教授のEric Adams博士による講義 “How Japanese Canadians Shaped the Constitution” にご参加ください。トロント大学の Alumni Hall 400、 121 St. Joseph Street(クイーンズパークの角)で座席を予約してください。すでに目標の半分に近づいており、間もなく一般にチケットをリリースします。

日系カナダ人の歴史に関する古典的な作品、安達健による “The Enemy That Never Was” やアン・ゴマー・砂原による “Politics of Racism” と同様に、この講義は日系カナダ人にとって “game changer” です。日系カナダ人の歴史と B.C. の救済の正当性について学ぶことができます。さらに、日系カナダ市民の権利を主張していた人々に対するブリティッシュコロンビアの法的および政治システムの敵意について詳しく学びます。

Adams教授は、 BC Redress Steering Committee の共同議長であるオオマツ・マリカ正義によって紹介されます。

このイベントは、 Canadian Race Relations Foundation が主催しています。

チケット: $5.00 ; トロントNAJCメンバーは無料です。ただし、お申し込みが必要です。

詳細については、トロントNAJCサイト(英語)をご覧ください。